あやのん手帖

名古屋市天白区にあるセレクトインテリアショップ「SHIOGAMA APARTMENT STYLE」のスタッフがつづるブログ。

 No.812 開けてしまった


しばらくここで待ち構えていたトタンのたらいに代わり
Kチェアシートの構造見本が頭上に上がりました。



シートの構造を向かって左から(表面側から)


【スタンダードブラック すたんだーど-ぶらっく】
言わずと知れた唯一1962年から続く張地。
その昔問題となったヒビ割れや消臭スプレーなどの登場によって
近年見られるようになった裂けに対して
都度原因究明と素材から見直す工夫を行ってきました。
より良い触り心地に改良した上で現在のスタンダードブラックは
耐アルコール性を持たせるため表面に塗膜を施しています。


【ボタン締め ぼたん-じめ】
張地,ウレタンの層,Sバネ,すべてを貫通して裏で締め上げる役割。
そしてKチェア独特の表情に欠かせないチャームポイント。
デザインと機能を兼ねた何気ないけど素晴らしい特徴。


【キルトウレタン きると-うれたん】
カリモク60の張地は裏地全体にウレタンが縫製されています。
張地を補強しヨレを防ぐ役割や座った瞬間の当たりを良くします。
また張地に厚みを持たせることでステッチの周りにふっくらと表情が出ます。


【スラブウレタン すらぶ-うれたん】
【高密度ウレタン こうみつど-うれたん】
密度の異なるウレタンを重ねています。
併用によりシートの柔らかさとコシを兼ね備えます。
カリモク60になってから大幅改良がされました。


【不織布 ふしょくふ】
別名:金巾(かなきん)
屈強な男性が思いっきり引っ張ってもびくともしない布。
ウレタンとSバネの間に張られるようになりました。
Sバネがウレタンに食い込むのを防ぎ一枚の存在でシートのへたりを軽減します。


【連結式鋼製組バネ れんけつしき-こうせい-くみばね】
別名:Sバネ
S字型の鋼製バネを連結棒でつないだバネ。
あらかじめ山型の反らせたバネを機械で伸ばし(手では伸ばせない強度)
タッカーで木枠に取り付けます。
カリモク60になってから太いSバネに改良。
バネの強度が増したため取り付けにより負荷のかかる木枠も分厚く改良。
また鋼製バネのサビや異音を防ぐため全体にシリコンが吹付けられています。


持っているチェアがお気に入りならそれで充分です。
ずっと長く使うことが出来たらなお良し。
中身まで知りたいと思ってしまったら...
その扉を開けるともう戻れないんですよね(笑)
Kチェアの中身も開けてしまいました。ぜひ見に来て下さいね。


SHIOGAMA APARTMENT STYLE シオガマアパートメントスタイル
http://www.sa-style.jp/
名古屋市天白区植田西3-105 サンセイビル2F
12:00-20:00 水曜定休
052-806-4228
info@sa-style.jp
地図はコチラ