あやのん手帖

名古屋市天白区にあるセレクトインテリアショップ「SHIOGAMA APARTMENT STYLE」のスタッフがつづるブログ。

 No.600 かこめるテーブル。

カリモク60 ローテーブルの展示が入荷しました。

みんなでかこめるだ円形、
ま、言ってしまえば、ちゃぶ台です。

おなじカリモク60のチェアは持っていないけど、
このローテーブルを愛用してる、男性ファンもいらっしゃいます。
あぐらかいて、そのままくつろげますもんねぇ♪いいかも。

Kチェア2シーター(全体の幅133cm)をご愛用いただいている方には、
前に置くとこんな感じ、ローテーブル(幅90cm)です。
チェアの前を、ふさぎすぎず、みんなでかこめる形です。

リビングテーブル小(幅90cm)と、横幅は同じです。
奥行きが、16cm広くなります。

高さは、10cm違います。

スタッフ松澤(身長175cm)に座ってもらいました。
リビングテーブルは、Kチェアに座ると「ひざ」くらいに天板が来る「48cm」

対してローテーブルは、「ひざ下」に天板が来る「38cm」

リビングテーブルのようなマガジンラックはありませんが、
4本の脚は、テーブルの下ができるだけ広い空間になるよう、設計されています。


組立にドライバーなど工具がいらない構造。
それぞれの脚のボルトで、かつ、天板への組付けの工夫で、
日常的にかかる荷重にも耐えるよう、頑丈に作られています。

ローテーブルは、2010年デビュー。
1962〜2009年までに誕生した他のアイテム達とおなじく、
この先も永く愛用できるアイテムとして、誕生しました。
その証『カリモク60+(読み:かりもくろくまるぷらす)』の白いブランドプレートは、
2004年以降に誕生したカリモク60アイテムに付けられるもの。
このローテーブルも、天板の裏にしっかりと付いています。


カリモク60 ローテーブル
¥31,500(税込)


SHIOGAMA APARTMENT STYLE シオガマアパートメントスタイル
http://www.sa-style.jp/
地図はコチラ


『シオアパあっちゃんのウフフな話』をパソコンからご覧いただくと、スタッフがケータイで撮影している『SASNAP』もお楽しみいただけます。